遭難の経緯

2012年11月20日に富士山5合目の須走口から登山を開始し、そのまま連絡がとれなくなった。

翌21日、職場の夜勤を無断欠勤した為、事前に登山の予定を伝えられていた勤務先の病院により、警察に届けが出された。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/608743/

※上記URL内に介護士との記述がありますが、正しくは看護師です。


22日:捜索が開始され、6合目までの陸上の捜索が行われた。

23日:天候不良による捜索隊の入山不可のため、捜索が中止された。

24日:捜索が再開され、陸上とヘリによる捜索が行われた。

25日:午前中にヘリによる捜索が行われた。    

また、両親や登山仲間の友人による捜索が行われるも、発見に至らなかった。

登山道の閉鎖に伴い、この25日を最後に山岳隊による捜索活動が打ち切りとなった。